タスクール

「年間584回」名古屋で、セミナー・勉強会を毎日開催!会員はセミナー無料!

セミナーレポート

今年のビジネスのトレンドを専門家が解説!「2019年のトレンドはコレだ!」イベントレポート

みなさん

こんにちは!

ブログでのタスクール更新は、今年度初になりますが多くのセミナーを開催しております。

その中、1月7日に開催されたセミナーのレポートをお送りします。

 

新春特別企画!2019年のトレンドはこれだ!!

1月7日に開催されたセミナーです。
3名のスピーカーをお呼びして、2019年のトレンドをいろんな角度からお話していただきました。

2020年東京オリンピックに向けてインバウンドやキャッシュレス決済など様々な事柄が収斂していく中、益々そのスピードが加速する2019年、私たちはどのように動けばいいのか?
参加された方にも、好評をいただいたセミナーのレポートをお届けします。

【スピーカー】
1.大平 佳宏氏
株式会社ガラパゴスワークス

2.小嶋 香統(マルコ)氏
天空企画ジャパン

3.坂田 誠氏
株式会社はちえん。

2019トレンド

1.2019年の働き方
DXで、デジタル化しがんばらないで成果を出す!

スピーカー
株式会社ガラパゴスワークス
大平 佳宏氏

・大平氏が提唱する成果とは?
収入、知識、関係、評判、成長。5つの成果。

・DX(デジタル・トランスフォーメーション)とは?
第4次産業革命の勝ち組になるために必要な事。
新しいモノが出ると、古いモノが廃れる。
この大きな動きが産業革命。
切り替わる時期は、周りは反応が薄いがいつの間にか定番化する。

・第4次産業革命、Iot・AI・ビッグデータの活用
原点回帰と未来進化の両立。
DXブランディング・DXサービス・DXデータベースなど、
アナログでやっていた事を、デジタルで効率よく活用していく必要がある。

2.2019年はブロックチェーン元年?仮想通貨は死んだのか?
トークンエコノミーで変わる私達の未来

スピーカー
天空企画ジャパン
小嶋 香統(マルコ)

・そもそも仮想通貨とは?
投資、稼げるイメージを持たれている方が多いと思いますが、技術革新から生まれた通貨。
ブロックチェーンという技術が使われており、LINE、メルカリ等も参入している。

・ブロックチェーン活用事例
投げ銭。応援したい人、グループ、会社へお金をあげることができ応援できる。
ブログ。記事を書く事で、運用会社や読者より仮想通貨を獲得できる。
ブラウザ。今までは中央集権、1つの企業がすべてのデータをもつ体質。
Web3.0 Dapps、自分の情報は自分でアクセスや管理をする。

・ブロックチェーンを活用したゲーム
通常のアプリゲームでは、課金して購入したアイテム等はそのゲームでしか使えない。
ブロックチェーンゲームでは、購入したデータ(アイテム等)¥は、自己管理ができ売買などもできる仕組み。
事例として、ある育成したデータを売買された実績もある。
ブロックチェーン技術は、仮想通貨の売買ばかり注目されているが、これからの常識を変えていく技術である。

・これからの未来、人の信用度がスコアで管理される?
国民一人ひとりの信用度を表したスコア。中国で進んでいる。
過去の経歴の代わりに、信用スコアいくつ?というような話が出ている。
行動や購入履歴などで、信用スコアが上がったり下がったりする。
それにより、お店等で受けられるサービスが優遇されるか否かも変わる。
信用スコアがつけられるのも、改ざんできないブロックチェーン技術だからこそできている。

日本では、すぐに導入されるわけではないですが、これからくる未来の姿だと思います。

3.キャッシュレス決済からGoogleまで激変必死!
ズバリ、2019年のスマホ社会はこう変わる!を優しく解説

スピーカー
株式会社はちえん。
坂田 誠氏

・GoogleMapから見る未来
もうホームページいりません社会が、すぐそこまできている。
Googleで、普段の買い物・食べるお店・観光で行く所を検索、GoogleMapだけで決まってしまう。
写真で状況がわかり、行きたくなったらナビも使える。
ホームページまで見に行かない時代へ移ろうとしている。

検索を通じて、関連情報も表示される。
インターネット=Googleを目指している。

・キャッシュレス決済の未来
国の提唱。「2%増税、5%キャッシュバックポイントとして出す」
予算もかなりの金額を組まれる予定。
現状、キャッシュレス決済でカード情報がとられる?などの話があるが、去年ペイペイをはじめ注目されている。
クレジットカードの還元率に、キャッシュレス機能のポイントバックで、お得に利用できる。

・10月の増税に向けた準備、対策
キャッシュレス決済ができるように準備、決済手数料の負担がなく、対応している事をPR状態にする事が大事。
オススメは、ペイペイ・LINEPayの2つ。
ペイペイ:入金スピードが早いのが特徴。
LINEPay:ユーザー数がとても多い事が特徴。

・キャッシュレス決済が増えると、どんな事が起きるのか?
カード決済手数料は、全体的に下がっていくと思われる。
代わりに、お店ごとのキャンペーンや広告が増えていきそう。
現金決済していると、損をすることになる可能性がある。
キャッシュレス決済非対応だと、お客様が減少する可能性がある。
お金のあり方が変わっていく事が予想される。

4.スピーカーディスカッション

最後は、3名のスピーカーによるディスカッションを行いました。
話の中で上がった、内容をご紹介していきます。

・日本のキャッシュレス決済に対する動向
これから、屋台でのキャッシュレス決済も行われるのでは?
日本は、現金主義の方が多く、慎重な動き。
ただ、周りがみんな使っているのを知ると使い始める。
LINEPayは、海外でも使われており、後に海外でも使えるようになりそう。

・信用スコアは、中国のように広まるのか?
日本は、中国のようにスコア化するまでの動きはすぐにはこないのでは?
日本では法整備されるのか? すぐにはなさそうですが気になる所です。
自分の行動がスコア化される未来は、いつくるのでしょうか?

・海外と日本のブロックチェーンに対する価値観
日本では投資や稼ぐ概念が強いが、海外では生活や決済、ゲームに組むなど活用する考えが広がっている。
日本は、海外に比べて遅れている。
ブロックチェーン技術を活用事例の一つとして、モノのあり方を追跡できる。
どこで作られて、どこを経由してきたのか?まで追跡ができる。
縁の下の力持ちになるのでは?

 

まとめ

3名の方のお話は、どの内容も「まさしく2019年のトレンド!」と思える内容でした。

デジタルツールの活用は、なんとなく使っていれば良い。ではなくなる事を象徴している気がしました。

ブロックチェーン技術、日本と海外との差を感じました。そして、できる事が数多くあり今後活用されそうだと思いました。

キャッシュレス決済とGoogleのお話、身近な話題であり、事業者として取り組むか取り組まない化では、ここ1年差が出そうな気がしました。
また、利用者としてとてもお得になるので使っていきたいですね。

内容が濃かったため、かなり長文な記事となってしまいましたが、この記事を読まれた方にとって、1つでも参考になる事があれば幸いです。

 

タスクールでは、適時セミナーを開催しております。

興味あるセミナーがありましたら、ぜひお気軽にご参加くださいね。

 

LINE@バナー

イベントカレンダー