タスクール

「年間584回」名古屋で、セミナー・勉強会を毎日開催!会員はセミナー無料!

生産性向上支援訓練について

従業員の人材育成をお考えの事業主の皆さまへ

全国のポリテクセンターに設置した生産性 向上人材育成支援センター(生産性センター) が、企業が抱える生産性向上に関する課題や 人材育成ニーズに対応した訓練を実施します。

「1.生産・業務プロセスの改善」
「2.労働時間や労働投入量の効率化」
「3.売上げの向上」

をテーマとした生産性向上に資する様々なカリキュラムモデルを基に、企業等が抱える課題やニーズに合わせて訓練コースを設定しています。

お問い合わせ

訓練の概要


(1)対象者

在職者の方を対象としています。
(注)事業主からの受講指示を受けた方に限ります。

(2)訓練実施場所

ご要望にあわせて、自社会議室等での実施も可能です。また、ポリテクセンターの教室を利用することも可能です(空きがある場合に限ります)。

(3)訓練時間

6時間から30時間の範囲内で、座学と演習とを組合せて実施します。

(4)訓練内容

幅広い職務階層の方を対象に、様々な課題の解決や現場力の強化を支援するカリキュラムをご用意しています。

具体的には、「生産管理」「品質管理」「原価管理・コスト削減」「流通・物流システム」「クラウド活用によるデータ管理・分析」「マーケティング」等があります。

(5)受講料

訓練時間6時間から11時間の訓練コース

受講者1人当たり3千円(税別)

訓練時間12時間から18時間の訓練コース

受講者1人当たり5千円(税別)

訓練時間19時間から30時間の訓練コース

受講者1人当たり6千円(税別)

取り扱いは各生産性センターが振込口座をご案内しますので、所定の期日までに受講料をお振り込み頂くこととなります。

(6)訓練の実施

専門的な知見やノウハウを有し、訓練の適切な実施が可能な民間機関等に委託して実施します。

職業訓練について(3つのテーマと標準コース名)


・現場の問題を発見し、 解決できる知識/スキルを 習得させたい
・IoTをビジネスに 活用したい

生産・業務プロセスの改善

・生産性分析と向上 ・生産現場の問題解決 ・生産性向上支援訓練向上のための課題とラインバランシング
・生産計画と工程管理 ・サービス業におけるIE活用 ・原価管理とコストダウン ・在庫管理システムの導入
・購買/仕入れコスト削減 ・POSシステムの活用技術 ・品質管理基本 ・品質管理実践
・卸売業/サービス業の販売戦略 ・流通システム設計 ・物流システム設計 ・3PLとSCM ・物流のIT化
・SCMの現状と将来展望 ・クラウド活用入門 ・IoT活用によるビジネス展開 ・クラウドを活用したシステム導入 ・IoT導入に係る情報セキュリティ

・目標達成のため、データを活用したい
・情報の維持/管理を 学びたい

横断的課題

・IoTを活用したビジネスモデル ・個人情報と情報管理
・ナレッジマネージメント ・知的財産権トラブルへの対応(1)(2)

 

・マーケティング手法を学び、売上を伸ばしたい。
・企画力/開発力を 向上させたい

売上げ増加

・マーケティング志向の営業活動の分析と改善 ・統計データ解析とコンセプトメイキング
・顧客分析手法 ・実務に基づくマーケティング入門 ・マーケティング戦略概論
・マーケット情報とマーケティング計画(調査編)、(販売編) ・製品/市場戦略
・新サービス/商品開発の基本プロセス ・プロモーションとチャネル戦略

 

人材開発支援助成金


在職者訓練や生産性向上支援訓練を従業員に受講させた事業主の方は、人材開発支援助成金を利用して、訓練経費や訓練期間中の賃金の一部等の助成を受けることができます。

助成金の利用には一定の条件がありますので、人材開発支援助成金の利用を希望される場合は、あわせてご相談ください。

訓練受講の流れ


STEP1:お問い合わせ、ご相談
■タスクールにご相談ください。
■ご要望に合わせてアドバイス等を行います。

STEP2:訓練コースの検討、訓練計画の作成
■ 標準コースを基に、訓練内容をカスタマイズします。

■ 受講人数、実施場所、日程等を調整します。

 

STEP3:実施機関の募集・選定
訓練を適切に実施する機関の募集と選定を行います。
■ 実施機関等と訓練内容の最終調整を行います。

STEP4:受講手続き・訓練受講
■ 期限内に受講申込書を提出し、受講料をお支払いの上、訓練を受講となります。

\先ずはお問い合わせください/

お問い合わせ

 

イベントカレンダー